爪が皮膚に食い込む

巻き爪ロボの性能と爪の矯正について

 

巻き爪は主に足の爪に生じる変形の一種で、通常より横に拡がって皮膚に食い込んだ状態を指します。

 

 

爪の圧迫によって強い痛みを感じるのが特徴で、症状が酷くなると皮膚が裂けて出血や炎症などの不具合に見舞われることがあります。

 

 

歩行に支障をきたすので速やかな治療が必要ですが、変形した爪の矯正は時間がかかることから多忙な人は適切な治療を受けるのが難しい問題があります。

 

 

巻き爪ロボは自分で爪の矯正が出来る器具です。

 

 

病院で行う矯正治療と同様に変形した部分に部品を挿入しますが、自分で細かい調整が出来ることから痛みを避けて処置を施すことが可能です。

 

 

巻き爪ロボを装着した状態で爪を乾かすことで変形した状態を改善させることが出来るので、短時間で綺麗な仕上がりになるのもメリットの一つです。

 

 

巻き爪ロボは爪を矯正する部分に衝撃を緩和させるバネが使われているので、爪に余計な負担がかからず、力を加えても爪が割れない作りになっています。

 

 

また、爪を押さえる部品は複数のサイズが同梱されているので、爪の状態に合わせて任意に交換することが可能なのも使い勝手の良さに繋がっています。

 

 

巻き爪ロボによる爪の矯正を正しく行うためには説明書をよく読んだうえで適切な方法で扱うのが重要な条件です。

 

 

また、矯正を行う爪も事前に温めて柔らかい状態にしておくのも痛みや割れなどの不具合を避けて綺麗に仕上げるための工夫になります。

 

 

また、巻き爪はサイズが合わない靴を長時間履き続けるなど、爪に過度な負担をかけることで誰でも見舞われる可能性がある疾患です。

 

 

矯正器具による治療を行うのと同時に、日常生活での問題点を解消して爪を労わるのが綺麗な爪を長持ちさせるための心得になります。

 

>>巻き爪ロボ 公式サイトはこちらから<<